交通事故の慰謝料が増額される場合

交通事故の慰謝料を算定する基準は3つあります。


自賠責基準、任意保険基準、裁判基準です。

任意保険会社が示談の際に提示するのは、任意保険基準と自賠責基準を比べて、より金額が低い方です。

ケースによって、どちらの基準で計算した方が金額が低くなるかは違います。
任意保険会社の担当者の仕事は、支払額を低く抑えることですから、より低い方で計算した金額を提示します。

慰謝料増額事由に該当する場合でも、該当しないものとして計算します。被害者が該当するとそこで主張しても、何の意味もないことですから、主張する場を替えるべきです。
方法は3通りあります。

交通事故の慰謝料について詳しく知りたいならこちらです。

交通事故専門の弁護士に示談を依頼すること、ADRを利用すること、裁判をすること、の3つです。

Girls Channelの情報なら当サイトにお任せ下さい。

弁護士に依頼しても納得できる結果が得られない場合は、ADRか裁判に持ち込みます。

ADRに持ち込んで納得できなかった場合に、裁判をすることもできます。それらのケースでは裁判基準をもとにして、交通事故の慰謝料の金額が決められます。


裁判基準は、ケガの重症度と、入通院の期間・回数によって決められています。その基準を上回る金額となるのは、慰謝料増額事由に該当する場合です。


慰謝料増額事由とは、飲酒運転、赤信号無視、無免許運転、ひき逃げ、証拠隠滅、否認、被害者への責任の転嫁、加害者側からの訴訟の提起などが挙げられます。


それらが複数重なっている場合は、増額幅も大きくなります。

被害者は、それらの行為によって受けた被害を明示する必要があります。