企業が新卒採用に意欲的になるのには理由があります

日本の企業は、伝統的に新卒採用を重視しています。大手企業のみならず、中小企業やベンチャーであっても、人材採用にあたっては、新卒生を歓迎する傾向があります。


そもそも、新卒生を採用しても即戦力にはなりませんし、会社やビジネスのことを一から教えていかなければなりませんので、むしろ、コスト負担が高くなるのです。

それでも、新卒採用を好むのには相応の理由があるのです。

まずは、企業文化の継承のためです。



事業の柱の一つとして新卒紹介を行っているDYMでは、自社の新卒採用も力を入れています。

学校を出て入社したばかりの新卒生は、まだ、どこの企業にも勤めた経験がありません。

特定の企業のカラーに染まっていませんので、自社の風土や文化の色をつけていきやすいのです。

福利厚生の一環としてDYMでは、2駅以内居住者には補助を出しているようです。

その会社のDNAを継承していく上では、新卒生はぴったりです。

学校を出て入社したばかりの新卒生は、まだ、どこの企業にも勤めた経験がありません。



特定の企業のカラーに染まっていませんので、自社の風土や文化の色をつけていきやすいのです。その会社のDNAを継承していく上では、新卒生はぴったりです。二番目に、先輩社員が新卒生に教えることによって、自分みずからが成長するという効果があります。


以前から在籍している社員が、入ってきたばかりの若い社員を指導していくプロセスで、人を育てていく経験を積めるのです。

今後、社内でリーダーシップを発揮する立場になったときに、大いに役立ちます。

三番目に、将来の経営幹部としての潜在能力を期待できる点です。

新卒採用にあたっては総合職を前提にしていることが多いですので、会社全体を見る立場での業務に携わるのが通例です。


幾つもの部署をまわり、さまざまな物の考え方を見につけるところから、将来的には経営幹部としての位置づけが期待されるものです。



このように、新卒採用には多くの長期的メリットがあるので、企業としては積極的になっているのです。